スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows修正パッチ後に起動せず?マルウェアが原因か!?

マイクロソフトが2010年2月10日に公開した2月の月例セキュリティ更新プログラム(修正パッチ)「MS10-015」を適用した一部の機種において、画面がブルースクリーンになり、Windowsが起動しない不具合が発生していることが明らかとなった。

これまでの調査では、システム上のマルウェアがこの動作を引き起こすことが分かっている。その他の原因等の詳細については調査中だが、追って報告される予定。

今回のブルースクリーンはマルウェアの挙動に関連している可能性もあるので、引き続き「コンピューターを守るための4つのステップ」に従って、コンピューターを保護することをうながしている。

同社はマルウェア対策ソフトを導入していない人に対し、マルウェア対策ソフト「Microsoft Security Essentials」を無償で提供中だ。

なお、類似した現象が発生した場合や、セキュリティ更新プログラム関連でサポートが必要な場合は、セキュリティ情報センターのサイトの参照をうながしている。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Windows 7
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン

コメントの投稿

非公開コメント

interFORest
interFORestキャンペーン
プロフィール

管理人1号

WEBや携帯など身の回りの家電も含めてGajet大好き!
なるべく面白いことを探して載せるようがんばります。

QRコード
QRコード
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
ブログ内検索
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
iTunes Bar
Loading...
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。