スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容量はBlu-rayの200倍でコストも激安な新光ディスク素材が見つかる?

同じくGigazineさんの記事からです。

容量はBlu-rayの200倍でコストも激安、新たな光ディスクの材料が発見される

もしこの記事のとおりだとしたら、早く実現して欲しいところです。今のところで行くとまだまだメディアが高くてHD画像にはなかなか手がでないところだと思います。

以下本文からの抜粋・・・
毎日新聞社の報道によると、光を当てるだけで、電気を通しやすい状態と通しにくい状態を切り替えることができる金属酸化物を、東京大学大学院の大越慎一教授らのチームが発見したそうです。

これは大越教授らが、おしろいの原料や光を照射することで触媒作用を示す物質「光触媒」として広く使われている「酸化チタン類」に着目し、チタン原子3個と酸素原子5個が結合した「五酸化三チタン」のナノ結晶を作って性質を調べたところ、紫外線~近赤外線に相当する波長のレーザー光を当てると結晶構造が変化し、電気を通しにくい半導体的な性質に変わることが明らかになったというもの。

また、その逆の変化が起きることも確認したほか、最も一般的な「二酸化チタン」のナノ粒子を、炉内に水素を吹き込みながら加熱することで、「五酸化三チタン」のナノ結晶を簡単に作る方法も開発したとのこと。

なお、DVDやBlu-rayディスクにはゲルマニウムをはじめとしたレアメタルが用いられているのに対して、今回発見された「五酸化三チタン」のナノ結晶は価格が約100分の1である上に安全性も高く、光ディスクの材料として用いれば、従来のディスクとほぼ同じ強さの光でBlu-rayディスクの約 200倍の情報を記録できるとされています。

今後は実用化に向けて企業と共同研究することを目指しているそうですが、もし実現すると単純計算で現在最も容量の大きい2TB(2000GB)モデル HDDの2.5倍にあたる、1枚あたり5TB(5000GB)の記録が可能なディスクが生まれるため、今では複数枚のディスクが必要となるため、手間がかかる「HDDのバックアップを光ディスク1枚で行う」といった作業も簡単に行えるようになるのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン 配信 映像 HD画質

コメントの投稿

非公開コメント

interFORest
interFORestキャンペーン
プロフィール

管理人1号

WEBや携帯など身の回りの家電も含めてGajet大好き!
なるべく面白いことを探して載せるようがんばります。

QRコード
QRコード
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
ブログ内検索
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
iTunes Bar
Loading...
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。