スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunesが独禁法関連の対象に?米司法省が予備調査

Tech Waveさんの記事です。

 米国の複数の報道機関が伝えたところによると、米司法省がAppleのオンライン配信サービスiTunesに関し独占禁止法の予備段階の聞き取り調査を行っていることが明らかになった。司法省が音楽業界やネット企業関係者に接触を始めたもよう。

 一部報道によると、Amazon.comは楽曲の発売前日にAmazonで発売できるような特別な契約を音楽会社に提案したが、それを聞いたAppleが音楽会社に対して、そういった契約をAmazonと結ばないように圧力をかけたという。

 Appleは、2年前に大手量販店チェーンWal-Martを抜いて全米最大の音楽流通業者になっており、2010年1-3月期はオンライン、オフラインを含め全米の楽曲販売の28%を占める流通業者になっている。
米政府が独占禁止法関連でAppleに対して予備調査に乗り出す可能性があると以前に報じられていたのですが、今回は音楽販売に関してAmazonに先行販売させないように圧力をかけたというものと、そのため音楽関係者に聴取を始めたというものです。以下が前回の内容

米司法省と連邦取引委員会(FTC)の間で、どちらの機関が調査を担当するのかをめぐって協議を始めたという。AppleがiPhone、iPad向けアプリの開発言語を限定し、Adobe製の開発言語であるFlashを事実上締め出したことなどが問題視されているもよう。

合わせ技で予備調査をすることにしたのかはわかりませんが、最近Appleが少し攻撃的な感じが前面に出てきていますね。
今後どうなるのか注目です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン 配信 音楽 音楽配信

コメントの投稿

非公開コメント

interFORest
interFORestキャンペーン
プロフィール

管理人1号

WEBや携帯など身の回りの家電も含めてGajet大好き!
なるべく面白いことを探して載せるようがんばります。

QRコード
QRコード
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
ブログ内検索
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
iTunes Bar
Loading...
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。